ABOUT REPAIRHow we repair vintage furniture

はじめに

半世紀が経過したヴィンテージ家具のリペアは多岐に渡ります。職人がひとつひとつ丁寧なリペア作業積み上げてゆくことで、もう半世紀使い続けることができます。

下地作り

木材の特徴、最終仕上げを見定め、荒さの違うサンドペーパーを使い分け、木部表面(傷、汚れ、劣化した塗膜面)をサンディング(研磨)。精度の高い下地作りなくして「ハイク・クオリティ」は達成できません。

ベース&トップ仕上げ

下地完成後、数種類の特殊なオイルを素材、仕上げに応じて使い分け、下地に塗り重ねることで、突板、無垢材問わず、耐水、耐光、耐退色効果のある"ベース仕上げ"を構築。最後に"トップ仕上げ"として天然ワックスを撒布し布で磨き上げれば、「ハイク・クオリティ」独特のしっとりした質感の表面が完成します。

木部補修

可能な限りパーツ、フレームを解体し、劣化したボンドの除去、ゆるみ・がたつきの調整、扉・引出しの動作確認、突板剥がれによるパテ処理、タッチアップなど、末長くお使いいただけるよう確実な作業を行っています。

張生地の交換

半世紀経過したソファ、椅子は、中材の劣化、生地の磨耗、汚れとダメージが著しいです。座るための道具として本来のパフォーマンスを活かすために、ハイクでは中材交換、張地張替えすることが大前提です。

まとめ

これら一連のリペア作業が完了し、最終チェックを通った家具だけが、「ハイク・クオリティ」としてショップに展示、またウェッブサイトに掲載されます。ヴィンテージ家具は納品日から半年の保証付き。それ以降は有償にて張生地交換、木部のリフレッシュなど承っています。